在籍確認を避けるためにどうするか

キャッシングを利用する際に避けて通れないのが、在籍確認です。少なくとも銀行カードローンや消費者金融のキャッシングではほぼ必ずあります。ですが、避ける方法もきちんとあるので、今回はそれについてご紹介したいと思います。

消費者金融で在籍確認を避ける方法

消費者金融の中には、条件を満たせば在籍確認無しで融資してもらえる会社があります。プロミスとモビットの2社です。モビットの場合は必要となるのは指定の銀行口座です。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の銀行口座を持っていることが条件です。また、モビットの場合は全てをWEBで手続きを終えられるWEB完結の制度がありますので、口座さえ持っていればネットのみでの申込みから審査回答まで終わらせることができます。
もしも、これらの口座を持っていなければ、プロミスで借りることになります。プロミスの場合は給与明細と自身の会社保険証の提出が求められ、口頭で在籍確認を無しにしてもらいたい、という旨を伝えさえすれば、在籍確認なしでのキャッシングが可能になります。口頭で伝える場合は自動契約機や電話を使うことになりますので、それらを使いたくないのであれば、モビットの方を利用するといいでしょう。

銀行カードローンでも在籍確認を無くせる

銀行カードローンの中でも、東京三菱UFJ銀行のテレビ窓口を利用する際に、在籍確認を無くす方法があります。それは、職場が休みの日か、終業時間後に申し込みをすることです。通常のカードローンですと、在籍確認をした結果、職員が不在の場合はそこで審査終了となってしまうのですが、テレビ窓口だけは例外で、そのまま審査に移りますので、心配はいりません。土日祝日などでもテレビ窓口は利用できるので、休みの日に申し込めば、在籍確認なしでキャッシングが利用できるということになります。

もし避けられなくても大丈夫

在籍確認を避ける方法はご紹介しましたが、それ以外の金融機関を利用している方もいらっしゃるでしょうし、利用する予定の方もおられるでしょう。在籍確認をされたくない理由は、やはり職場にキャッシングを利用していることを知られたくないことです。在籍確認をする際に、勘の鋭い方やキャッシングを利用した経験がある方には簡単に知られてしまいます。ですので、在籍確認があったとしてもどうしても職場に知られたくない、勘付かれたくないと言う旨を伝えるといいでしょう。そうすると、多少なりとも対策を練ってもらえますし、利用者自身がこのように名乗って欲しい、と頼めばオペレーターはその通りに動いてくれます。例えば、子供の塾講師を名乗って欲しい、と頼めばその通りにしてくれます。後は、同僚の方にどのような電話だったか、など聞かれたら用意しておいたデタラメを答えれば大丈夫です。嘘を言うのは心苦しいですが、キャッシング利用がバレてしまうよりはましでしょう。

在籍確認無しでキャッシングを利用するのならば、モビット、プロミス、テレビ窓口を利用することです。ですが、モビット、プロミスは条件がありますし、テレビ窓口はやはり銀行カードローンですので、審査も厳しいです。職場に知られたくないのならば、しっかりと対策をしておけば難しいことではありません。あまり心配しすぎることではありませんから、自分の望むように早く終わらせてしまって、お金を借りて、返済を頑張りましょう。